HOME>レポート>加工もできる!印刷所で制作できる会員証の特徴

加工もできる!印刷所で制作できる会員証の特徴

印刷物

依頼するための方法

お店で作った紙の会員証の出来に納得できていないのなら、自分たちで作成することはやめて、業者に作ってもらいましょう。紙に印刷したときに使ったデータは、印刷業者に渡せばそのまま利用できますので、今までの雰囲気を残しつつアップグレードができます。なお、現代の会員証を印刷してくれる業者は、インターネット上からの注文が可能です。各印刷業者の注文サイトには、費用や納期などに加えて、カードに利用できる素材の説明も詳しく掲載されているため、それらを参考にして依頼したいと思えるところを探しましょう。もちろん、カード用に作成したデザインは、メールや用意されているアップローダーから、オンライン上で送ることが可能です。

カラーチャート

作成にかかる費用

印刷会社を使って会員証を作るのならば、まずは何枚必要になるのか、計算しておく必要があります。小ロットからでも注文が可能なところは多いですが、やはり大ロットのほうが安くすむので、コストを抑えたいのなら予備も含めてゆとり持って注文しましょう。カードのデザインは頻繁に変えないでしょうから、多少多めに頼んでも損はしません。なお、どの素材を使うかによって、費用が大きく異なるので、大量注文するなら事前調査が必要になります。小ロットだと一枚あたり300円もするような高級素材のカードでも、大ロットで購入すると100円を切るような価格のところもあるからです。とにかく、注文数が費用に響いてきますので、値段を知りたいのなら、印刷会社に頼んで見積もりをだしてもらいましょう。

広告募集中